ガートナー ハイプ・サイクル「データマネジメント」 2020

データ仮想化とロジカルデータウェアハウスは、成熟度の主流レベルで ”生産性の安定期”に達し、データファブリックは、”「過度な期待」のピーク期”に近づいています。

 2021/06/15

ガートナーは、「このハイプサイクルは、データ管理ソリューションに関心のあるデータおよび分析のリーダーが、成熟しつつある新しいデータ管理テクノロジーの進化のペースを理解するのに役立つでしょう。」と述べています。

レポートでは、「データ統合の設計と配信における俊敏性、再利用性、コストの最適化を支援するために、データ仮想化をより広範なデータ管理および統合ポートフォリオ内のデータ統合コンポーネントにする必要がある」と推奨しています。

またレポートには、「完全または部分的なロジカルデータウェアハウス(LDW)の展開が、すべてのデータウェアハウスの展開の25%以上に増加した」と記載されています。さらに「LDWは、新しい分析またはレポートの要求に短期間で対応し、クエリツールやアプリケーションを介して多数のデータセットを利用できるようにするためのより信頼性の高い方法を提供します。」と述べています。

Denodoの顧客のその製品またはサービスについての評価を知るには、ガートナー・ピア・インサイトの Webサイト でDenodoへのレビューを確認してください。


Gartner, Hype Cycle for Data Management, 2020, Donald Feinberg, Robert Thanaraj, 15 July 2020

This graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research document and should be evaluated in the context of the entire document. The Gartner document is available upon request from Denodo.

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!