2019/09/05

データは、いつでも貴重な資産です。ただし、データの価値は他のデータセットと容易に組み合わせられる場合に限り高まるということを、今日の最高データ責任者 (CDO) は知っています。

さらに、新しい種類のデータ (クラウドやビッグデータソースからのデータ、モノのインターネット (IoT)からのセンサーデータ、ソーシャルメディアフィードからのデータなど) が出現し、これまでは分析には使えないと思われていたデータ (トランザクションデータや非構造化データなど) も使えるようになったことで、データの価値は無限大に広がるということも、今日のCDOは知っています。

 本書から以下について理解いただけます:

  • データ仮想化が、今日のCDOが直面するデータ統合の課題をどのように克服するか
  • Gartnerによる主要なデータ統合の傾向
  • 特に今日のCDOにおいて、データ仮想化がこれらの傾向をどのようにサポートしているか