DRI Interview Article 3

業務部門とともにデータ仮想化によるデータ活用 IT部門の新たな価値創造とは

ダウンロード

 2020/10/15

DX時代の競争で優位に立つためには、大量かつ多種多彩なデータのリアルタイム分析が求められる。しかし、DWHをはじめ物理的にデータを移動するこれまでの手法では、各所に散在する膨大なデータを収集して統合するのは限界がある。システムのデータはそのままに、データを仮想的に統合する「データ仮想化」は、DX時代のデータ活用に圧倒的なスピードと効率化をもたらす。またデータ活用に関するIT部門の負荷を軽減するのと同時に、その役割に変化をもたらす。「これからのIT部門には、業務部門とともにデータを活用し業務改善や新たなビジネスモデルを創造するなど、企業の継続的成長に直接関わることが求められる」と、データ総研 コンサルティンググループ シニアコンサルタントマネージャ 藤生 尊史 氏は指摘する。IT・システム部門の視点から、DX時代のデータ活用を実現するうえでのポイントや留意点について聞 いた。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!