Static and Dynamic Data Masking with Denodo Platform

ダウンロードします。

脅威を軽減し、コンプライアンス要件を満たすための対策として、レポートの 減感や機密情報の保護への企業の関心が高まるなか、データマスキング機能の市場価値が急増しています。

Gartner社は次のように述べています。「データマスキングや、類似する匿名化の手法を全社レベルで一貫して使用している企業は、2018年には全体の20%だったが、2022年には50%に増加しているだろう」。

また、MarketsandMarkets社は次のように述べています。「データマスキング市場の規模は、2016年には3億4,730万米ドルだったが、今後、14.8%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2022年までに7億6,700万米ドルに達 すると予想される」。

データマスキングの平均的な取引規模をおよそ15万~18万米ドルと想定すると、1年に4,000社をやや上回る数の企業がこの種の機能を求めることになります。この成長市場は、ソフトウェアベンダーにとって非常に大きな機会となります。 本ホワイト・ペーパーにて、Denodo Platformによってこのテクノロジーがどのように促進されるか、その方法をご確認ください。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!