Logitech

Showing 1 - 2 of 2 pages tagged with: Logitech

Logitech Case Study: Successful Cloud Modernization with Denodo in the Cloud

Logitechは、数年間にわたり、オンプレミスシステムを使用してアナリティクス向けデータサービスを開発および提供してきました。しかし、ビジネスユーザー向けデータサービスのプロビジョニングは後手に回りがちで時間がかかり、非効率的でした。Logitechの製品ラインには、スマートホームオートメーション、VRゲーミング、ビデオコラボレーション、システムセキュリティのビデオ分析など、高度なデバイスやシステムが含まれていましたが、これらの製品に対し、予測アナリティクス、リアルタイムデータアナリティクス、および認知科学を必要とする、より複雑なユースケースを扱えるように機能の向上が図られていました。 同時に、Logitechは、クラウドデータウェアハウスをAmazon RedshiftからSnowflakeに移行しようと考えました。探していたのは、このような機能を追加できて、性能を大きく低下させることなく、ビジネスユーザーに適切なサービスを適切なタイミングで継続的に提供できるプラットフォームでした。本資料をダウンロードして、Denodo platform がどのようにLogitechのクラウドジャーニーを実現しただけでなく、ビジネスへの影響を最小限に抑えたライブマイグレーションを実現したか、ご確認ください。

Read More

Denodo Cloud Solutions

クラウド利用のROIを最大化企業は急速にクラウドの採用を進め、俊敏性と拡張性を高めています。クラウドは多くの課題を克服するものの、独自の課題も存在します。データ仮想化はこれら各課題を克服するテクノロジーであり、企業がクラウドイニシアチブから最大限のベネフィットを得られるようにします。このソリューションブリーフでは以下について理解いただけます:・クラウドの最新化、分析、ハイブリッドアーキテクチャに関する課題・データ仮想化により、どのように企業がSaaSソリューションを活用しながら全体を維持していくのか・データ仮想化により、どのように企業がユーザーにデータの保存場所を意識させることなく、クラウドとオンプレミスシステムへシームレスなリアルタイムアクセスを同時に提供するか・データ仮想化が、どのように構造化データや非構造化データ、およびストリーミングデータや静的データなど多様なデータソースへのリアルタイムアクセスによってアナリストを支援するか・Vizient、Logitech、およびAsurion がどのようにクラウドへの移行にデータ仮想化を組み込んだか

Read More

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!