Multi-Cloud Integration with Data Virtualization

視聴します。

 2020/01/28

2020年には、企業の90%以上が複数のクラウドサービスとプラットフォームを利用するーとの予測があります。

柔軟性、コスト削減、パフォーマンスの最適化、これらを実現するために多くの企業がマルチクラウド戦略を採用しています。その結果、高度な分散インフラストラクチャとなり、レポートと分析に必要なデータの検索とアクセスが困難にもなりつつあります。

データ仮想化は、データがオンプレミスにあるかクラウドにあるかに関係なく、必要なデータにアクセスできるようにするデータ検出およびアクセスレイヤを提供します。

Denodo Platformのマルチロケーションアーキテクチャは、データへの迅速かつ容易なアクセスを提供すると同時に「データ所有者」にローカル制御を提供し、ローカルプライバシーおよびデータ保護規制に準拠します。

本ウェビナーでは、以下についてご理解いただけます。

・組織がマルチクラウド戦略を採用する際に直面する課題

・Denodo Platformが組織全体に管理されたアクセスレイヤを提供する方法

・データを利用可能な状態にしつつ、データをローカルで最大限に制御するマルチローケーションアーキテクチャについて

・Denodo Platformをマルチクラウドデータアクセスレイヤとして使用するメリット

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!