Skip to main content

データファブリックは、新しいデータソース、フォーマット、ボリューム、および分析テクノロジーの迅速な採用を可能にします。企業はその弾力性と柔軟なデータアクセスからクラウドへの移行を進めており、この進化を容易にするためにはデータファブリックとデータウェハウスが必要です。

歴史的にみると、データウェアハウスはオンプレミスに配置され、増大するデータへの需要に対応する能力はありませんでした。

しかし、最新のハイブリッドデータウェアハウスは、俊敏性、データ認識、データアクセス機能、そしてビジネス継続性の提供も可能となり、クラウド導入を簡素化し加速させることが可能となっています。

クラウド対応のデータファブリックと最新のハイブリッドデータウェアハウスを組み合わせることで、データ環境をより効率的に最新化することが可能になります。

本セッションでは以下について触れています:

  • 分析のワークロードをオンプレミスからハイブリッドクラウドデータウェアハウスに移行するメリット
  • データウェアハウスをクラウドに移行する際の5つの重要な考慮点
  • ロジカルデータファブリックとハイブリッドクラウドデータウェアハウスを使用するお客様の成功事例

Visit the Fast Data Strategy Virtual Summit 2020 page for details on all the sessions.

Denodo Free Trial

30-tägige Testversion in der Cloud, um die vollständige Denodo Standard zu testen

FREE TRIAL STARTEN

Denodo Express

Der kostenlose Einstieg in die Datenvirtualisierung

KOSTENLOS HERUNTERLADEN