Skip to main content

いまや当たり前のキーワードとなったDXやデータドリブン経営。社内外に散在するデータを統合し、いかにデータの利活用を進めるかが大きなテーマとなる一方で、EAI(Enterprise Application Integration)に代表される従来の方法では、DXの推進に不可欠なデータ利活用がうまく進まないという問題が発生しています。こうした課題の解決策として注目されているのが、「データファブリック」という新たな概念・アーキテクチャです。

では、データファブリックとはどういったものなのか?なぜDXの推進に有効なのか?データ利活用の救世主となるのか?などについて、データ仮想化基盤「Denodo Platform(デノードプラットフォーム)」を提供するDenodo TechnologiesとSCSK株式会社が解説します。

Essai gratuit de Denodo

30 jours d'essai gratuit sur le cloud pour tester pleinement Denodo Standard

COMMENCER L'ESSAI GRATUIT

Denodo Express

L'accès libre à la data virtualization

TÉLÉCHARGER GRATUITEMENT