論理データファブリックが救世主に データウェアハウス、データレイク、データハブの統合

Rick van der Lans
Rick van der Lans Independent Industry Analyst

 2021/12/07

データウェアハウスは、データが多数の切り離されたトランザクションシステムに保存されていたために導入されました。現在、組織は、データレイク、データハブ、データレイクハウスなど、すべてのビジネスユーザーとデータサイエンティストにデータの統合ビューを提供しようとする無数の新しいデータアーキテクチャに苦労しています。

しかし、ビジネスユーザーにとって、これは理想からはほど遠いものです。データが必要な場合は、どこから取得する必要があり、どのように統合するのでしょうか?特に今、組織はよりデータ主導型になりたいと考えており、データへの摩擦のないアクセスが重要です。

このアプローチをサポートする注目の新しいアーキテクチャは、データファブリックです。データファブリックを使用すると、既存のトランザクションシステムとデータ配信システムがラップ(カプセル化)され、すべての独立したシステムが1つの統合システムのように見えます。

データファブリックは開発する必要があります。それは多くの方法で、そして多くの異なった技術をもって開発することができます。

このホワイトペーパーでは、データ仮想化を使用してデータファブリックを開発する方法、およびこの方法のメリットについて解説します。この方法で開発されたデータファブリックは、論理データファブリックと呼ばれます。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!