TDWIベストプラクティス・レポート:データウェアハウス/データレイク統一アーキテクチャの構築

 2021/08/25

TDWIリサーチは、データウェアハウスアーキテクチャの現代化と進化、および大量のアナリティクスデータを整理するためのデータレイクデザインパターンの出現を、長年にわたって追いかけてきました。この2つは最近になって融合し、新たにリッチなデータアーキテクチャを形成しています。

この進化した環境では、異なるものでありながら、統合され、重なり合い、相互運用可能であり、標準の機能レイヤーを組み込んだアーキテクチャを、データウェアハウスとデータレイクに取り込むことができます。データストレージ、混合ワークロード管理、データ仮想化、コンテンツETL、データのガバナンスと保護などのレイヤーで統一を行いす。DW/DL統一アーキテクチャは進化を続けており、以前は別々であったアナリティクスデータのデプロイ、処理、管理のアプローチの間にあるアーキテクチャ上の区別は曖昧になっています。

このTDWIベストプラクティスレポートでは、データウェアハウスとデータレイクの融合について検討しています。どのようにデータウェアハウス環境とデータレイク環境を使用しているか、この2つをどのように融合しようとしているかを考察しています。そして、DW/DL統一アーキテクチャの推進要因、課題、チャンスについて検討し、前に進むためのベストプラクティスを提供しています。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!