ビジネスイノベーションに向けたデータ/情報統合の最新化

David Stodder
David Stodder Senior Director of Research for BI, TDWI

 2022/02/14

データや上位レベルの情報の統合は、データに基づいた目標を達成するための基盤となります。関心のあるテーマに関するデータを完全かつ高品質に可視化することは、ほぼすべてのビジネス上の決定や行動に不可欠です。

組織は、ユーザーの満足度を高め、柔軟性とイノベーションを支え、従業員による効果的なコラボレーションを推進することで、業務効率化、顧客エンゲージメント向上、成長、レジリエンス強化、リスク軽減などのビジネス目標を達成したいと考えています。このレポートで は、ビジネスとテクノロジーのトレンドと推進要因について検討しています。検討にあたり、現在のソリューションを使用する上での課題に関する調査データを分析し、組織がどのような点で最新化する必要があるかを探ります。関連性するソリューションとして、データ仮想化、データカタログ、ナレッジグラフ、マスターデータ管理、データファブリック、統一されたクラウドデータ管理へのデータサイロ統合などを取り上げます。ソリューション同士は、競合するのではなく、より大きなデータ戦略の中で補完し合ってアジリティを強化することが多いため、組織は、日常的なワークロードだけでなく、予期しない突発的なワークロードにも対応できるようになります。

このTDWIベストプラクティスレポートでは、データ/情報統合を最新化してビジネスで優位に立つための優先事項に重点を置いた提言を行います。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!