最新のアナリティクスに対応する統一プラットフォーム

Fern Halper, Ph.D.
Fern Halper, Ph.D. VP and Research Director for Advanced Analytics

 2021/12/08

アナリティクスの需要は増加し続けています。最近の傾向として、さらに多くの組織が、ダッシュボードを越えたセルフサービスのアナ リティクスの促進や、機械学習(ML)などのさらに洗練されたアルゴリズムの活用へと目を向けつつあります。この傾向を裏付けるように、企業はデータとアナリティクスの環境の最新化も進めています。

こうした傾向が向かう先は、一連の統合ツールを用いてデータとアナリティクスのライフサイクルのさまざまな側面(データ管理、洗練されたアナリティクスの開発と展開など)に対応できる統合環境です。多くの場合、そのプラットフォームはクラウドベースであり、スケールと柔軟性を駆使し、大量のデータと計算集約型のワークロードをサポートしています。また、データとアナリティクスの複雑さに対処できるよう、自動化および拡張されています。

このTDWIベストプラクティスレポートでは、最新の分析のための統合プラットフォームの採用、使用、課題、アーキテクチャ、およびベストプラクティスを検証します。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!