TDWIチェックリストレポート:より迅速な洞察の提供:ハイブリッドクラウドデータウェアハウス

By David Loshin

 2021/07/02

クラウドデータウェアハウジングは、もはやテクノロジーの最先端をいじくり回しているとは見なされていません。最近のTDWI調査によると、回答者の38%が、組織がすでにクラウドデータウェアハウスを使用していると述べ、31%が、組織がクラウドデータレイクを使用していると報告しました。  

しかし、クラウドへの移行を続けている企業は、クラウドベースのリソースの活用を複雑にする問題に直面しています。世間一般の通念では、クラウドの費用対効果をうたっていますが、運用が管理されていないと、データストレー ジ処理、出力処理、および演算処理のリソースコストは手に負えない状況に陥ります。クラウドサービスプロバイダーは入念にセキュリティ管理を実装していますが、十分なデータ保護については疑念が拭えません。  

シームレスにこれらの課題を克服してレポート作成やアナリティクスを簡素化する論理データファブリックにより、このような不確定要素に対処することで、企業はクラウドへの移行によるメリットを確かに享受するでしょう。データ仮想化を中核とする論理データファブリックによって可能となるハイブリッドクラウドデータウェアハウスにより迅速に洞察を提供できる方法をこのレポートで探っていきます。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!