TDWI Checklist Report: Six Critical Capabilities of a Logical Data Fabric

By Fern Halper and David Loshin

 2020/06/23

近年、コモディティハードウェアとソフトウェアを利用して柔軟性と拡張性を備えた高パフォーマンス環境を経済的に開発できるようになったことにより、レポート、ビジネスインテリジェンス、およびアナリティクスの方法とプロセスが根本的に変わりました。クラウドコンピューティングプラットフォームを選択してデータとアプリケーションをハイブリッドクラウド環境に移行すると、組織は、複数のプラットフォームを利用して、増え続ける新しいデータタイプをサポートし、アナリティクスで扱うことができます。

ただし課題もあります。ハイブリッドデータ環境に対応したグッドプラクティスと組織がなければ、データコンシューマが業務の遂行に必要なデータ資産を検索してアクセスするときの複雑さが増すリスクが高まります。このような分散環境全体にわたってデータを管理し、そのデータをアナリティクスで使用するための方法の1つは、異種データを一元化しインテリジェントな方法でまとめる最新のアプローチを検討することです。そのアプローチがロジカルデータファブリックです。

このチェックリストでは、複数のプラットフォーム、新しいデータタイプとソース、さらに高度な分析を含む最新のデータ管理と分析の取り組みに対処するためのロジカルデータファブリックの6つの重要な機能について説明します。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!