Leading Construction Equipment Manufacturer Improves Service Delivery and Revenue Using Data Virtualization

ダウンロードします。

 2017/12/11

大手建設機械メーカーがデータ仮想化を使用してサービスの提供と収益を改善

プロアクティブなフィールドメンテナンスとサービスの提供に従事するために、X社はテレマティクスと予測分析のための最新のツールとテクノロジーに多額の投資をしました。さらに、同社は予測分析のために現場の部品データに大きく依存しているため、現場センサーとビッグデータ技術に投資しました。

1時間に数回キャプチャされたこのデータはすべて、データレイクにストリーミングまたは転送されます。同社は、ビッグデータを他のエンタープライズデータやクラウドデータとリアルタイムで簡単に統合できる、アジャイルなデータ統合とアクセスレイヤーを必要としていました。

このケーススタディから、以下ご確認いただけます:

  • 従来のデータ統合手法が要件を満たさなかった理由
  • どのようにデータ仮想化を全社規模の複数のプロジェクトに使用したか。
  • データ仮想化がお客様の資産効率の最適化にどのように役立ったか。
  • X社が収益を2倍に押し上げた方法。
  • どのように部品故障率への洞察を強化したか。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!