2022/04/14

今日のデータ管理のランドスケープは、複数の場所(オンプレミス、クラウドなど)に存在する可能性のある多数の異種データシステム(データウェアハウス、カラムナデータベース、MPPエンジン、専用のデータストア、SaaS/クラウドアプリケーションなど)にデータが分散しているため、ますます複雑になっています。このため、複数のビジネスアプリケーションにデータの統一されたビューを提供したり、データ配信チェーン全体に対するガバナンスポリシーとルールの適用を保証したりすることが難しくなります。

論理データファブリックは最新のデータアーキテクチャであり、データ仮想化や、基礎となるデータシステムをビジネス利用者に対して抽象化する統一されたデータ統合および配信プラットフォームによって実現されます。これにより、複雑さを隠して、データをビジネスフレンドリな形式で公開すると同時に、あらかじめ定義されたセマンティックとガバナンスルールに従ってデータの配信を保証し、現在の基本的なデータ管理の課題を解決できます。

データ仮想化は、論理データファブリックの重要なテクノロジーです。分散アーキテクチャ用に設計された唯一のデータ統合スタイルとして、データ仮想化は、ハイブリッド分散アーキテクチャの複数の異種システムの最上位に論理データアクセス層を提供します。現在、データ管理エコシステムは事実上分散されているため、データ仮想化が一番フィットします。

Denodo Enterpriseは、論理データファブリックを構築する際の大きな一歩となります。これには、地理的に分散した複数の異種システムにわたって、各利用者に最適な形式で、管理されたデータのビジネスアプリケーションへの配信を高速化する、さまざまな機能が組み込まれています。