2022/04/14

"データ仮想化は、論理データファブリックのアーキテクチャを確立するための重要なテクノロジーです。分散アーキテクチャ用に設計された唯一のデータ統合スタイル、データ仮想化は、ハイブリッド分散アーキテクチャの複数の異種システムの最上位に論理データアクセス層を提供します。現在、データ管理エコシステムは事実上分散されているため、データ仮想化などの論理データアクセス層が一番フィットします。

Denodo Enterprise Plusは、論理データファブリックのビジョンの実現を可能にする唯一のプラットフォームです。Denodo Enterprise Plusには、地理的に分散した複数の異種システムにわたり、各利用者に最適な形式で、管理されたデータのビジネスアプリケーションへの配信を高速化するさまざまな機能が組み込まれています。

Denodo Enterprise Plusは、コアデータ仮想化のユースケース(論理分析アーキテクチャ、論理データウェアハウス、データサービスAPI)を強力にサポートしていますが、従来のデータ仮想化シナリオを超えて、データサイエンスや機械学習(ML)の取り組みなど、新しいタイプのユーザーや新しいタイプのユースケースも手厚くサポートしています。"