ビッグデータの出現と情報チャネルの急増に伴い、組織は膨大な量の従来のデータソースと新しいデータソースを保存、発見、アクセス、共有する必要があります。

データ仮想化は、信頼できるビジネスデータを簡素化し、統合・統一したビューを提供することでETLなどの従来のデータ統合技術の限界を超えていきます。


以下について紹介しています:

  • 企業内のサイロ化されたデータの征服
  • すべてのデータソースとデータタイプの統合
  • 規制要件への対処
  • 機能するビッグデータソリューションの提供
  • クラウド導入時の課題の排除
  • デジタル変革の推進