The Roles of ETL, ESB, and Data Virtualization Technologies in Integration Landscapes

各テクノロジーが果たす役割

ダウンロード

 2021/03/04

相互にデータを容易には共有できないデータソースであるデータサイロが、IT環境で長年にわたって課題となっていました。ブロードバンドインターネット、ギガビットネットワーキング、クラウドベースのストレージが出現している現在でも、この状況は続いています。

データサイロの問題は、誰もそれらに対してクエリを実行できないことです。それらは別々に照会する必要があり、別々の結果を手動で合計する必要があります。これは、コストと時間がかかり、非効率的です。データをまとめるために、企業は次のデータ統合戦略の1つ以上を使用します:

  • 抽出、変換、およびロード(ETL)プロセス
  • エンタープライズサービスバス(ESB)
  • データ仮想化

このeBookでは、さまざまなシナリオに適用した場合のETL、ESB、データ仮想化の役割を順番に比較し、各プロセスの長所と短所、およびLogitech社とDigitalRealty社のケーススタディを取り上げています。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!