1970/01/01

Drillinginfo社は、データサービス、分析サービス、およびマップサービスとして公開されている、井戸、竣工、生産エンティティ、許可などの事業エンティティに関するデータを格納するために、Denodoのキャッシングメカニズムを使用しています。その後、これらのサービスは、社内のアプリケーション開発者および顧客によってアプリケーションの構築に使用されます。

このケーススタディをダウンロードして、Drillinginfo社がどのようにDenodoプラットフォームを利用して、ETL使用時に1〜2週間要していたものから、1日以内に社内外の消費者にデータサービスを提供できる論理データウェアハウスを構築したのかご確認ください。

Drillinginfo社がどのようにDenodoプラットフォームを使用したかについての詳細は、カスタマーページをご覧ください。