1970/01/01

Vizient社は、業界最大のサプライチェーン管理サービスと臨床改善サービスを会員に提供する、米国最大の会員数を誇るヘルスケア企業です。

10億件以上の明細品目の消費データ、1億1000万人分以上の詳細な患者記録、1億件の相互参照のある900万の商品、毎月詳細な明細品目の消費データを送信する10万人以上の非急性期医療の顧客に対処しています。

営業チームは、商談、見込み客、会員関連のレポートなど、さまざまな種類のレポートを作成する必要がありました。さらに、BIツールを使用して、案件結果、製品出荷、およびリードタイムを分析する必要がありました。

Denodoプラットフォームは、初年度から発生したいくつかのSalesforceライセンスの費用の節約を回避することで、Vizientがライセンスコストを大幅に削減するのを助けました。 Vizientのアーキテクチャおよび開発担当バイスプレジデントであるChuck DeVriesは次のように述べています。「Denodoプラットフォームは、今後5年間で350%のROIを実現し、最初のプロジェクトから1.5年以内にプロジェクトの初期投資額を回収し、その後もさらなるコスト削減を毎年実現してくれるでしょう。弊社は今後、データレイクプロジェクトにおいて同プラットフォームを最大限活用していく予定です。」 ケーススタディの全文、およびDenodoのデータ仮想化テクノロジがこのヘルスケア企業をどのように支援したかを確認するには、このケーススタディをダウンロードしてください。

ウェビナー(英語)を見る:Hadoopとデータの仮想化 - HortonworksとDenodoのVizient社によるケーススタディ

Vizient社がどのようにDenodoプラットフォームを使用したかについての詳細は、カスタマーページをご覧ください。