製造業におけるセルフサービス分析に対する期待を実現する

データ仮想化により、製造業のビジネスアナリストは組織全体に渡る統合データに リアルタイムでアクセス可能に

ダウンロード

多くの製造業会社が、ビッグデータ、クラウド、IIoT、IoTなど、インダストリー4.0に向けた最新の技術や手法に投資していますが、その多くがリアルタイムに入ってくるペタバイト級の機械生成データやフィールドデータに直面しています。製造業の会社の多くには、データサイロが残っており、そのことがデータアーキテクト、IT、そしてビジネスそのものにとって現在進行中の課題となっています。これらの障害によって、製造とサプライチェーンの工程から得られる実用的な洞察の価値とその適用が著しく制限されます。

セルフサービス分析により、ビジネスユーザーはIT部門の助けを借りずに分析でき、IT部門はテクノロジー環境の全領域における重要な優先事項に専念できます。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!