2019/06/27

企業や組織では、統合されたデータをより迅速に事業で活用できるようにする必要性が日に日に高まっていますが、関係者のニーズを満たすような迅速なデータ統合を実現することは容易ではありません。 従来のデータ統合技術は根本的な問題を解決していません。データの受け渡しは決まったバッチ処理であり、しかも昨今扱われるようになってきた豊富で複雑なデータ型に対応することはできません。 データ仮想化は、最先端のデータ統合手法であり、このような現状の課題に対応し、将来に向けたデータ統合の基礎を提供するものです。

詳細については、ホワイトペーパーをダウンロードしてご確認いただけます:

  • 今日の組織にとっての根本的な課題
  • なぜ従来のソリューションでは不十分なのか
  • データ仮想化がコアソリューションである理由