2020/09/24

Denodoのビジョンは、統一されたデータ配信レイヤーをロジカルデータファブリックとして提供し、ITとビジネスの間のギャップを埋め、複雑さをなくし、ビジネス上使いやすい方法でデータを公開するセマンティックレイヤーを作成することです。

そのビジョンを実現するために、Denodo Platform 8.0は、管理されたデータのビジネスアプリケーションへの配信を加速する機能を組み込んでいます。

Denodo Platform 8.0は、新しいタイプのユーザー、データサイエンスや機械学習(ML)イニシアチブなどの新しいタイプのユースケースをより適切にサポートする機能も提供します。

さらに、Denodo Platform 8.0は、集中型のWebコンソールからクラウドインフラストラクチャを自動的に管理する機能を備え、PaaS サポートの提供も強化しています。

本ホワイトペーパーでは、以下のカテゴリに分類されたDenodo 8.0の新機能について説明します。

  • 強化され、統一されたウェブベースのユーザーエクスペリエンス
  • ロジカルデータウェアハウス/ロジカルデータファブリックシナリオにおける複雑な分析クエリのパフォーマンスアクセラレーション
  • クラウドおよびハイブリッド環境でのPaaSサポート
  • DenodoビューへのGraphのようなアクセスを備えた拡張データサービスAPI
  • データサイエンスと機械学習(ML)の新しいサポート
  • データカタログのユーザーエクスペリエンスの向上