Denodo セッション: データレイク・アクセラレーションvs. データ仮想化 – その違いは?

平井 孝典, プリセールス・エンジニア / Denodo

視聴します。

平井 孝典
平井 孝典 プリセールス・エンジニア Denodo

 2021/06/18

近年、データレイクテクノロジーは、修正を繰り返しながら日々進化を続けています。いくつかのデータレイクエンジンは、究極のデータリポジトリの作成を目的として、より優れた取込み機能、ガバナンス、およびアクセラレーション機能で市場に展開しています。しかし、それらはデータ仮想化機能を備えたロジカルアーキテクチャでも出来ることではないでしょうか。では、2つのテクノロジーの違いは何でしょうか。それらは、敵対する(相反する)ものでしょうか、それとも友好的(共存できるなど)なものでしょうか。本セッションでは、その詳細を解説します。

すべてのセッションについてのご確認・ご視聴は、 Fast Data Strategy バーチャル・サミット 2021日本 のページへアクセスしてください。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!