2019/10/29

注目されるデータレイクですが、これはデータサイエンティストなどが様々なデータを物理的に複製したデータストレージプラットフォームとして構築されてきました。しかし昨今ではビッグデータプライバシールールであったり、データを扱う部門の制限であったりと中中型データリポジトリアプローチが難しいものとなってきました。そこでデータ仮想化を使用すると、物理的複製の必要なく、すべてのデータを論理的かつ仮想的なデータレイクを構築することが可能となります。

本ウェビナーでは以下について触れる予定です。

・物理的なデータレイクの制限

・データサイエンティストだけでなく、すべてのユーザ向けに論理データレイクを構築する方法

・論理データレイクが必要な新しいユースケース

プレゼンテーション:30分、デモ:15分、Q&A:15分程度を予定しております。