テクノロジー・パートナー・キーノート: データのシングル・ソース・オブ・トゥルースを実現するSnowflakeのご紹介

石川 幸生 氏, Snowflake 株式会社 シニアセールスエンジニア

視聴します。

 石川 幸生 氏
石川 幸生 氏 シニアセールスエンジニア Snowflake

 2021/06/18

本セッションでは、データのシングル・ソース・オブ・トゥルースを実現するSnowflakeのご紹介と題しまして、Snowflakeが何者なのか?と会社概要から我々が提供しているソリューション概要および目指している世界をご紹介いたします。“データ活用“というキーワードに対して企業がどのような課題を抱えているのか?それに対してSnowflakeがどのように解決できるのか?(例:増え続ける企業データマネジメント、サイロ化したデータの統合、利用ユーザ増加によるパフォーマンス劣化、BCP/マルチクラウドでのサービス化等)サードパーティのデータやパーソナライズされたデータにアクセスして深いインサイトを獲得し、データを通じて、より影響力のあるカスタマーエクスペリエンスを提供することができます単なるデータウエアハウスの位置づけではなく、企業内外で利用可能なシングル・ソース・オブ・トゥルースをData Cloudを実現するための、Snowflakeのデータプラットフォームをご紹介していきます。

すべてのセッションについてのご確認・ご視聴は、 Fast Data Strategy バーチャル・サミット 2021日本 のページへアクセスしてください。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!