Denodo Platform

Denodo Platformでデータ管理を再考する
Denodo Platform8.0が、データ統合とデータ管理を次のテクノロジーパラダイムであるロジカルデータファブリックにどのように取り込んでいるのかご覧ください。

Denodo Platformの最新バージョンの主な機能をご覧ください:サマリを使用したパフォーマンスを向上するクエリアクセラレーション、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境向けの自動インフラストラクチャ管理、およびDenodoビューへのGraphライクなアクセスによる拡張データサービスAPI、すべてが新しい統合されたWebベースのユーザーインターフェースを使用して提供されます。

Denodo Platformの主な機能

クラウドネイティブの展開

マルチクラウドおよびハイブリッドクラウドの展開、管理、監視を容易にするWebベースのユーザーインターフェースを介した自動化された透過的なインフラストラクチャ管理。

データサイエンスのサポート

高度な分析とデータサイエンスのワークフロー管理のための新しデータサイエンスノートブック。

複雑な分析シナリオのためのパフォーマンス加速化

ロジカルデータウェアハウスまたはロジカルデータファブリック環境のサマリによるスマートクエリアクセラレーションにより、卓越したパフォーマンスを実現。

GRAPHQLによる強化されたデータサービスおよびAPIサポート

既存のSQL、REST、およびODataオプションに加えて、GraphQLサポートによるアプリケーション開発を高速化するための高度かつ柔軟なデータサービス配信オプション。

強化されたユーザーエクスペリエンス

SSO(シングルサインオン)オプションを備えた新たなWebベースのユーザーインターフェース。ブラウザベースのデザインスタジオを含む、Denodo PlatformおよびすべてのDenodo環境にあるすべてのツールを統合。

docker

Denodo - クラウドとコンテナ化

コンテナ化は、明確に定義された、一貫性のある、そして移植性の高いアプリケーションソフトウェアパッケージを通じて開発者と運用チーム間のコラボレーションを改善する、デジタルトランスフォーメーションの重要なコンポーネントです。

Denodoは、シームレスな開発とデプロイメントアーキテクチャを促進する必用性を認識しており、Dockerを使用したコンテナのサポートに投資しています。Denodoコンポーネントの簡素化されたパッケージングにより、ユーザーはビジネスアプリケーションの開発とデータ仮想化プラットフォームの設計に集中できます。クラウド間でDockerの構成/ワークロードを簡単に移動できるため、ワークロードのスケーリングと自動化に役立ちます。

以下の詳細なFQAとデータシートを参照してください(英語)。

アナリストおよび顧客

What analysts and customers are saying about Denodo Platform
Claudia Imhoff

ランダムな分析の実装は混乱を招きます。この混乱を緩和する1つの方法は、データカタログを実装することです。これは、データと分析のソースを監視し、これらの貴重な意思決定支援コンポーネントをどこでどのように見つけることができるかをビジネスユーザーに通知する「頭脳」です。動的データカタログを備えた新しいDenodoには、この頭脳として機能する適切な特性があります。

-クラウディア・イムホフ プレジデント、Intelligent Solutions
Dave Wells

Denodo Platformには、今日および将来のデータ管理の課題を処理するためのものが装備されています。データ仮想化は、データへのリアルタイムアクセスを提供します。ビジネスユーザーには、さまざまなソースからのデータを追跡する時間がありません。データユーザーがニーズに合った最適なデータを見つけるために買い物をすることができる「ストアフロント(店頭)」インターフェースを介して提供されるデータサービスにより、データ検索とデータ評価の苦悩がすぐに軽減されます。

-デイヴ・ウェルズ アナリスト、Eckerson Group
Michael Norton

バンク・オブ・ザ・ウェストが、並列処理と拡張性を導入して継続的な成長をサポートするために、データハブとデータレイクに移行しているので、Denodoがエンタープライズデータアーキテクチャの中心的な位置を占めるようにしたいと考えています。

-マイケル・ノートン データアーキテクチャ担当副社長、Bank of the West
Quinn Lewis

Denodo Platformにより、データへのアクセスのしやすさを深め、ノン・コアへのアクセスやビジネス部門のサポートを可能にし、さらにプロセス、品質および分類法をデータカタログに組み込めることに期待しています。

-クイン・ルイス インテグレーションおよびプラットフォームサービス・マネージャ、Anadarko

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!