AWS向けDenodoプラットフォーム

AWS向けDenodoプラットフォームは、拡張性のあるAmazonプラットフォーム上に設定済みのソフトウェアを使用し、データ仮想化機能の活用を促進します。

partner logo

AWS向けDenodoプラットフォームは、Amazon社が提供する柔軟な時間当たりのライセンスを利用し、データ・ソース数、同時クエリ数、返される結果のボリュームなど幅広い条件に基づく価格オプションを提案しています。AWS向けDenodoプラットフォームは、受賞歴のあるDenodoプラットフォームと同じ機能を提供しています。また、BYOL形態で、購入済のDenodoプラットフォームのライセンスを活用しAWS上にDenodoプラットフォームを導入することも可能です。

Amazon RedshiftとDenodo

Amazon Redshift やその他のオンプレミスおよびクラウドデータソースとのDenodoのネイティブ接続は、企業が Denodo のパフォーマンス オプティマイザを活用してペタバイト規模のデータをリアルタイムで統合するのに役立ちます。Denodoの高度なオプティマイザは、全体的なパフォーマンスを向上させるために、Amazon Redshiftに可能な限り多くの処理をプッシュします。

Amazon Redshift への Denodo コネクタは、次の機能をサポートしています。

image
  • Amazon Redshift へのネイティブデータロードは、Amazon Redshift が提供するネイティブ API を利用して、Amazon S3 へのデータの透過的な移動を可能にします。
  • Amazon Redshift は、クラウド内の Denodo の高性能キャッシュとして使用でき、Denodoのデータ移動の最適化メカニズム (Amazon Redshift へのデータシッピングとも呼ばれます) のターゲットとしても使用できます。
  • Amazon Redshift では、全体的なパフォーマンスが向上するために、共通のクエリと関数の代行がサポートされています

主なユースケース:

icon

ハイブリッド論理データ ウェアハウス:オンプレミスのデータ ストア(従来のオンプレミスエンタープライズ データ ウェアハウス、分析アプライアンス、データベースなど)と Amazon Redshift を統合することで、BI およびレポート ツールに対して単一の論理的なアクセス ポイントを提供できます。データの場所に関係なく、シームレスにデータにアクセスできます。

icon

クラウド移行の加速:組織がクラウドベースのデータウェアハウジングソリューションのために Amazon Redshift にデータを移動する一方で、Denodo はデータ発信元を使用する BI およびレポートツールに対して非表示にし、移行プロセス中もビジネスアプリケーションへの影響を最小限に抑えます。

Amazon RedshiftとDenodoによる機能と利点:

  • シームレスな相互運用性:Amazon Redshift コネクタのネイティブサポートにより、最適化されたクエリ生成が可能になり、ウィンドウ機能や統計関数などの高度な機能を活用して最適なクエリのプッシュダウンを保証できます。
  • 高度な最適化:中間一時テーブルに基づいてマルチパス実行を可能にするデータ移動(データシッピング)などの技術のサポート。
  • 高パフォーマンスキャッシュ:クラウド上の Denodo Platformの高性能キャッシュデータベースとして Amazon Redshift を使用します。
  • フリクションレスなデータ移動:DenodoでAmazon Redshift APIを活用して、データをAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)にフリクションレスでのデータ移動を可能にする機能。
  • • メタデータの統合: Amazon Redshift メタデータカタログとの統合により、クエリ効率を向上させるために最適なクエリプランの概要を示すメトリクスが提供されます。
image
 
denodo

Denodoプラットフォーム

インメモリ並列処理およびダイナミック・クエリ・オプティマイザーによって、ビッグ・データ、論理データ・ウェアハウス、運用のそれぞれのシナリオでこれまでにない性能を実現します。Denodoプラットフォームは、セルフサービス方式でデータを検出し検索することができるため、ユーザーによるデータの活用を促します。

GOVCLOUD READY(米国のみ)

Denodoプラットフォームは、現在、AWSマーケットプレースを通して、AWS GovCloud (US)の規制対象のワークロードを扱っています。これは、機密データや規制対象のワークロードをクラウドで扱えるよう隔離されたAWS内の領域で、米国連邦政府、州政府、地方自治体の規制準拠を要件とする顧客を支援しています。

AWS GOVCLOUDオプションについて (英語サイト)

Denodo データ仮想化により、従来の永久ライセンスから最新のサブスクリプション ベースのライセンスにビジネスを現代化し、組織の俊敏性、パフォーマンス、収 益性を向上させながら、ビジネスとIT全体のコラボレーションの強化を実現しました。」

マーク・イートン,エンタープライズ アーキテクト,オートデスク icon

より多くの顧客がAWS上で導入しています。

  • クライアント

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!