2019/06/27

このたび、北カリフォルニア州、ネバダ州、ユタ州のAAA社は、営利保険部門および非営利Auto部門(またはAuto Club)を分離するため、経営体制を再編成しました。Auto Clubがデータセンター、統合プラットフォーム、およびアプリケーションを導入すると同時に、保険部門にITリソースを共有することで、レポートツールや、コールセンターなどの業務上のアプリケーションを通常どおり維持運用していました。したがって、AAA社は分離移行による影響を業務に与えず、素早く導入可能かつ継続して新旧業務アプリケーションにデータを提供することができる抽象化レイヤを探していました。

戦略的視点から、ITインフラストラクチャーを刷新する際、AAA社は、既存業務の稼働を中断させることなく、ソース、ターゲット、またはミドルウェア層に将来、変更を加えられる柔軟でアジャイルなシステムアーキテクチャを望んでいました。

90日間のPOCの結果、AAAは、短期および長期の要件を満たしたことから、データ仮想化のためDenodoプラットフォームを選択しました。短期間でのスムーズなITシステム移行を実現する一方、長期的に重要な柔軟性およびアジリティをAAAのシステムアーキテクチャに提供しました。

AAA NCNUのデータ開発チーフであるMasha Bykinは、次のように述べています。「データ仮想化で、私たちは驚くほどに、作業を素早くスムーズに行えています。

AAA社がどのように達成したか、このホワイトペーパーをダウンロードしてごっ確認下さい:

  • ETLを仮想化されたソースに向けることで迅速に統合
  • アジャイルBI
  • デスクトップアプリケーションをサポートするために、スプレッドシートと半構造化データを仮想化データベースとして公開
  • クラウドCRMの単一顧客ビュー

AAA社がどのようにDenodoプラットフォームを使用したかについての詳細は、カスタマーページをご覧ください。