2019/06/27

Autodesk社は、Denodoのデータ仮想化を論理的なデータウェアハウスとして使用することにより、社内で使用されるあらゆるデータ用の単一の統合されたエンタープライズアクセスポイントを作成しました。このケーススタディをダウンロードして、この戦略がどのようにして収益モデルを永続ライセンスからサブスクリプションベースのライセンスに変換し、組織全体の敏捷性、パフォーマンス、および収益性を向上させたかを説明します。

Autodesk社がどのようにDenodoプラットフォームを使用したかについての詳細は、カスタマーページをご覧ください。