Denodo グローバル クラウド調査 2021

最新の調査結果では高度なワークロードのクラウドへの移行が加速化していることを示す

ダウンロード

 2021/05/25

組織がクラウドテクノロジーを迅速に採用するにつれ、ハイブリッドクラウド、プライベートクラウド、パブリッククラウドが引き続き最上位の導入形態の選択肢となっており、マルチクラウドは、アプリケーション、データリポジトリ、インフラストラクチャオーケストレーションスタイルを希望する組織の間で人気のある選択肢の傾向が続いています。多くの組織(調査回答者の45%)にとって、クラウドマーケットプレイスは、ユーティリティ/従量課金制の価格設定と、ITへの依存を最小限に抑え、調達を簡素化することが出来るため、人気があります。

Denodoは、4回目となる年次グローバルクラウド調査を完了し、世界的に有名な組織のいくつかに、インフラストラクチャの最新化とクラウドテクノロジーの採用について調査しました。この大変好評な年次報告書は、クラウドプロジェクトに取り組んでいるビジネスリーダーとITリーダーの意見をまとめたものです

Denodo クラウド調査 2021の結果は、ホワイトペーパーとして入手いただけます。このホワイトペーパーをダウンロードして、以下のような疑問などを解消いただけます:

  • 組織がクラウドに移行する動機となる要因は何ですか? クラウドへの移行における主な課題は何ですか?
  • クラウドへの移行とクラウドの採用に関するベストプラクティスにはどのようなものがありますか?
  • マルチクラウドよりもハイブリッドなど、一つのクラウド展開モデルを選択するのはなぜですか?
  • どのクラウドのユースケースとサービスが最も注目を集めていますか?
  • クラウドマーケットプレイスの利点は何ですか、そしてなぜそれらは多くの組織の要件に合うのでしょうか?

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!