"シーズン4:データマネジメント編⑥データ提供層 ~ データ仮想化を使用した、ユーザーに使いやすくパフォーマンスに優れたデータ提供層の構築 "

ウェビナーを視聴する

Takanori Hirai
Takanori Hirai Presales Engineer Denodo

 2022/02/16

データ仮想化ウェビナーシリーズ ”シーズン4” ⑥データ提供層 ~データ仮想化を使用した、ユーザーに使いやすくパフォーマンスに優れたデータ提供層の構築

今回は、ユーザーが直接アクセスするデータ提供層を構築する方法をご紹介します。 データ提供層のモデルはユーザーのビジネス要件に依存するので、その設計手法は従来のデータマートなどと同様です。(例えば、スタースキーマなど)そのようにして設計されたデータ提供層をどのようにDenodoで実装するのか、データ取得層やデータ統合層で定義されているデータとどのように繋ぐのか、Denodoの具体的な機能や操作方法をご紹介します。

同時に、取得層/変換層/統合層/提供層、各層の位置づけや相互の関係性を復習して、従来の物理的なデータ統合とデータ仮想化によるデータ統合による違いについてもご紹介します。また、スマートデータアクセラレーションという、データ提供層でBIツールなどによる集計クエリーを高速化する機能についてもご紹介します。

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!