データ仮想化

概要

データ仮想化とは?

最新のデータ統合およびデータ管理ソリューションを可能にするコアテクノロジー  データ仮想化は、異なるシステムにまたがるすべてのエンタープライズデータを統合し、一元化されたセキュリティとガバナンスのために統一データを管理し、リアルタイムでビジネスユーザーに配信する論理データレイヤです。
icon

論理データレイヤ

データ仮想化は、データを物理リポジトリに複製することなく、データへのアクセス、管理、および配信を行うための仮想的なアプローチを提供します。

icon

データ統合

データ仮想化は、データの形式、場所、待ち時間に関係なく、すべてのエンタープライズシステムにまたがるデータを統合します。

icon

データ管理

データ仮想化は、統合されたデータとその関係をカタログ化、検索、検出、および管理するための一元化された安全なレイヤを提供します。

icon

リアルタイム配信

データ仮想化は、ビジネスユーザーが使用するアプリケーションに統合情報をリアルタイムで配信します。

データ仮想化は、データに関する課題全体を解決します。

データ仮想化は、データを連携するための最新の手法です。データ仮想化は、データをレプリケーションするETLソリューションとは異なり、データをソース・システムから取り出すことなく、すべてのデータを連携しユーザーへ提示します。ビジネス・ユーザーがレポートにある項目をドリル・ダウンすると、データ仮想化がリアルタイムで基盤のソース・システムからデータを取得し表示します。データ仮想化は、データを収集・保存するのではなく、その都度アクセスできるようにする方がより優れている方法であることを示しています。

%

企業の60%は、2022年までにデータ連携のアーキテクチャの主要な形態のひとつとしてデータ仮想化を採用すると予測されています。

ガートナー社:データ仮想化のマーケット・ガイド (2018年11月16日)

データ仮想化の使用用途

全情報にリアルタイムでアクセスできるため、様々な業界の企業が複雑なプロセスを効率的に実行できます

過去と現在のビジネスパフォーマンスを分析

履歴データのトレーサビリティを求める規制に準拠。

相互につながるデータを検索し検出。

レガシー・システムを置き換えつつ、ビジネス・アプリケーションを最新化。

オンプレミスのアプリケーションをクラウド・アプリケーションへ移行。

データ配信をサービスとして提供し収益化。

データ仮想化のメリット

%
ビジネス・ユーザーの生産性向上
%
開発リソースの削減
%
ETLプロセスよりも高速でデータを提供

データ仮想化のしくみ

データ仮想化は、3ステップで簡単にエンタープライズ環境の全体像を提示します。
icon

多様なデータ・ソースへの接続

データ・ソースは、データ・ウェアハウス、クラウド・アプリケーション、ビッグ・データのレポジトリ、さらにエクセル・ファイルも含まれます。

icon

多様なデータ・タイプの連携

構造化データ、ストリーミング、ソーシャル・メディアおよびフラット・ファイルなど任意の異なるデータ型を連携させることができます。

icon

多様な形式でデータを活用

レポート、ダッシュボード、ポータル、モバイル、ウェブ・アプリケーションなど任意のフォーマットでデータを活用できます。

Denodoを選ぶ理由

Denodoはデータ仮想化市場のリーダーです。Denodoプラットフォームは、18年以上にわたる技術革新を続け、その使いやすいインターフェースによるエンタープライズクラスのデータ仮想化を提供します。35の業界にわたる500社以上の顧客が、Denodoを信頼し、取引先管理、規制遵守、サービスとしてのデータ事業、システム刷新などの複雑な事業運営に役立てています。

現在、フォーチュン1000社に名前をつらねる複数の大手企業がDenodoを活用し、ミッション・クリティカルなデータ仮想化戦略を実現しています。

The Forrester Wave TM : TM: エンタープライズ環境向けデータ仮想化  (2017年第四四半期)

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!