Dai Nippon Printing (DNP)

新サービスの基幹を担うデータレイクにDenodo Platformを採用 ケーススタディを読む

Testimonials

小路 朋之氏
“約3ヵ月と短期間で導入できたことで、「DNPMARKETING CLOUD®」のサービスを予定通りにスタートできました。データベースへのアクセス制限やセキュリティ対策も全なので、運用しやすい点も大きなメリットです。”
小路 朋之氏 DXセンター デジタルマーケティング本部 CDP企画開発部 部長

DNPの事業は主に情報コミュニケーション部門、生活・産業部門、エレクトロニクス部門などから構成されています。情報コミ部門は、出版事業、マーケティングや情報セキュリティ等の情報イノベーション事業、写真プリント等イメージングコミュニケーション事業で構成されています。デジタルマーケティングの推進や、キャッシュレス決済関連事業の拡大に注力するほか、BPO事業などにより企業の人手不足や働き方改革への貢献支援を推進しています。DNPは、情報通信技術を活用して組織やビジネスの転換を図る“デジタルトランスフォーメーション”を独自に進化させ、企業の課題解決、生活者の感動体験や利便性向上につながる新しい価値を提供していきます。

スピーディでシームレスにデータ活用できる環境を構築

書籍、チラシ、カタログやパッケージなど、多種多様な媒体の印刷を手がけてきた大日本印刷株式会社(以下、DNP)では、「情報を伝える」という観点から、デジタル化においてもさまざまな取り組みを行ってきました。そうしたサービスのひとつである「DNP MARKETING CLOUD®」では、顧客が持つ膨大なデータをDenodoの仮想化技術を使ってスピーディに処理し、利用できる仕組みを構築。多くのユーザー企業に提供しています。

ケーススタディを読む

概観

大日本印刷(DNP)
  • ウェブサイト: www.dnp.co.jp
  • 業界: 印刷
  • 拠点: 日本
  • ソリューション: Data Governance
  • 製品: Denodo Platform

At a glance

データドリブンマーケティングを可能にするサービスのためのデータ収集の必要性

データを蓄積するためのロジカルデータレイクとしてサービスへ組み込み

最新のデータをタイムリーに反映

Related Content

View all resources

次のステップ

データからリアルタイムで知見を導き出し、デジタル変革を今すぐ始めましょう!